手軽に始めるマイホームページ!

サーバのレンタル+CMSで本格的なサイトを運用可能

昔は、個人がサーバをレンタルしたとしても、あとはHP作成サフトのようなものを使い、FTPソフトなども作って手作りでHPをなんとか作らないといけないような時代もありましたが、現代においては、月額500円未満であっても競争が激しいので、色々な国産・海外産のCMS(コンテンツマネージメントシステム)がサーバにインストールでき、ブログのようなオリジナリティのないものではなく、様々なカスタマイズにより、自分だけのカスタマイズされた世界で一つだけのオリジナリティー溢れるホームページが作成可能です。なので、HP作成ソフトを買うことを検討したり、個人サイトであっても制作会社の力を借りるコストを考える必要はありません。

CMSをサーバにインストールしなくてもクラウドCMSも便利

レンタルサーバと契約し、ワンタッチで有名CMSのサーバにインストールすることで、CMS運用コストはなく、レンタルサーバ代のみで自分のホームページを運営することが可能です。ただし、このやりかたは中級者以上向けの所もあり、エラーが起きた場合は、そのままCMSが復旧が出来ずにサイトの更新がまったくできなくなる恐れがあります。それに対し、独自ドメインを取得てドメインを低額で維持しながら、レンタルサーバとは契約せずにクラウド型CMSと契約し、月1000円の相場内で、この形であれば初心でもブログを作れる程度の知識さえあれば、本格的な自分のホームページを運営することが可能です。そして、この形のメリットはトラブルが起きてサイトの更新不可能な事態に陥ることがないことと、様々な性能のアップロードが自動で行われるので、こちらで何らかのアップデート作業を行わなくても、常に最新の機能を利用できることです。